商品情報に進む
1 1

CHATEAU LÉOVILLE BARTON, 1993 (シャトー・レオヴィル・バルトン、1993)

SAINT-JULIEN

特性

格付け サン・ジュリアン、第2級グラン・クリュ・クラッセ
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン
アロマ

ブラックフルーツ、ウッディ

フード&ワインペアリング 子羊の肉、ジビエ
ワイン醸造

醸造:区画ごとに温度調節された木製のタンクで醸造。その後、15度に保たれたセラーで、新樽比率60%のフレンチオーク樽で16~18ヶ月間熟成させます。

フォーマット 75 cl

ボトルの写真はイメージです。こちらは弊社倉庫にあるものです。従って、ワインの品質に影響を与えることなく、ラベルのデザインや状態が異なる場合があります。

通常価格 78,00 € (税込).
通常価格 セール価格 78,00 € (税込).
税込み。

Vin En Primeur - 2024年初頭のお届けです。

Vin En Primeur - 2025年初頭のお届けです。

詳細を表示する

ブドウ畑の詳細

アグリカルチャー 減農薬農法
ぶどう品種 カベルネ・ソーヴィニヨン74%、メルロー23%、カベルネ・フラン3%
ぶどう畑の広さ 50ヘクタール
年間生産量 200,000本
収穫 手摘み
土壌 粘土と礫の下層土の上に礫質の丘陵を構成する土壌

歴史と逸話

19世紀、サン・ジュリアンの地区にあるレオヴィルのドメーヌは、最大のクリュの一つでした。その後、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズという3つのドメーヌに分割されました。シャトー・レオヴィル・バートン、シャトー・レオヴィル・ポイフェレ、1826年、アイルランド人のヒュー・バートンがレオヴィルの一部を購入し、現在もバートン家が所有するシャトー・レオヴィル・バートンの誕生を祝いました。そのワインの繊細さにより、1855年の格付けで第2級グラン・クリュに格付けされました。
CHATEAU LEOVILLE BARTON : シャトー・レオヴィル・バルトン

特徴

特性

格付け サン・ジュリアン、第2級グラン・クリュ・クラッセ
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン
アロマ

ブラックフルーツ、ウッディ

フード&ワインペアリング 子羊の肉、ジビエ
ワイン醸造

醸造:区画ごとに温度調節された木製のタンクで醸造。その後、15度に保たれたセラーで、新樽比率60%のフレンチオーク樽で16~18ヶ月間熟成させます。

フォーマット 75 cl