商品情報に進む
1 1

CHATEAU LATOUR, 1959 (シャトー ・ラトゥール、1959)

PAUILLAC

特性

格付け 第1級グラン・クリュ・クラッセ
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、プティ・ヴェルド
アロマ ブラックフルーツ、ウッディ
フード&ワインペアリング 鴨の胸肉、ジビエ
フォーマット 75 CL

ボトルの写真はイメージです。こちらは弊社倉庫にあるものです。従って、ワインの品質に影響を与えることなく、ラベルのデザインや状態が異なる場合があります。

通常価格 3.811,00 € (税込).
通常価格 セール価格 3.811,00 € (税込).
税込み。

Vin En Primeur - 2024年初頭のお届けです。

Vin En Primeur - 2025年初頭のお届けです。

詳細を表示する
ブドウ畑の詳細

アグリカルチャー

オーガニック

ぶどう品種

カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロー23%、カベルネ・フラン1,5%、プティ・ヴェルド0,5%

ぶどう畑の広さ

95ヘクタール

年間生産量

300,000本

収穫

手摘み

土壌

ジロンド河口の端、深い粘土質の下層土の上にある砂利質の丘陵地

歴史と逸話

1855年に1級グラン・クリュに格付けされたシャトー・ラトゥールの歴史は、14世紀、百年戦争の際に要塞化された塔の建設から始まりました。16世紀末まで、ラトゥールは共同統治領であり、一部の土地はすでにブドウの栽培に充てられおり、18世紀にニコラ=アレクサンドル・ド・セギュール侯爵がドメーヌを取得すると、ワインの叙事詩が加速しました。1993年以降、ドメーヌの大部分(93%)はフランソワ・ピノーが、7%はド・セギュール家の相続人が所有しています。

シャトー・ラトゥールは、2012年ヴィンテージ以降、アン・プリムールの割り当て制度から外れています。したがって、グラン・クリュのマーケティングは、もはやボルドーの市場を経由していません。

CHATEAU LATOUR : シャトー・ラトゥール

特徴

特性

格付け 第1級グラン・クリュ・クラッセ
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、プティ・ヴェルド
アロマ ブラックフルーツ、ウッディ
フード&ワインペアリング 鴨の胸肉、ジビエ
フォーマット 75 CL