100

(ロバート・パーカー)(米)

18,5

ジャンシス・ロビンソンMW(英)

商品情報に進む
1 1

CHATEAU LA MISSION HAUT BRION, 2009 (シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン、2009)

PESSAC-LÉOGNAN

"深いガーネット/紫色をした2015年ラ・ミッション・オー・ブリオン(...。若いうちは控えめで、レッドカラント、ブラックラズベリー、カシス、砕いたばかりのブラックベリーのニュアンスがあり、ゆっくりと展開し、湿った土、炭、鉄鉱、トリュフ、さらにスミレの花など、土やミネラルの下地が現れる。ミディアムからフルボディで、魅惑的な果実味を持ちながらも素晴らしくエレガントで、非常に熟したシルキーなタンニン、口の中によく残るフレッシュさ、そして失われることのない新鮮さがあります。口の中によく残るフレッシュさと、鮮やかな赤と黒の果実のフレーバーのほとんど電気的な強さ、そして長いミネラルのフィニッシュがあります。ただ、ただ。美しい」-ロバート・パーカー

特性

格付け 第1級グラン・クリュ・クラッセ
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン
アロマ

ブラックベリー、ラズベリー、レッドカラント、ブラックカラント、湿った土、ミネラル、炭、鉄鉱石、トリュフ、バイオレット

フード&ワインペアリング

トリュフのムースリーヌ、ポイヤックの子羊の肉

ワイン醸造

醸造は、温度調節可能なステンレスタンクで行う伝統的なものです。赤ワインの酸味を抑えるためにマロラクティック発酵を行います。

フォーマット 75 CL

ボトルの写真はイメージです。こちらは弊社倉庫にあるものです。従って、ワインの品質に影響を与えることなく、ラベルのデザインや状態が異なる場合があります。

通常価格 981,00 € (税込).
通常価格 セール価格 981,00 € (税込).
税込み。

Vin En Primeur - 2024年初頭のお届けです。

Vin En Primeur - 2025年初頭のお届けです。

詳細を表示する
ブドウ畑の詳細
アグリカルチャー 減農薬農法
ENCÉPAGEMENT

赤:メルロー41%、カベルネ・ソーヴィニヨン48%、カベルネ・フラン11%
白:セミヨン63%、ソーヴィニヨン・ブラン37%

ブドウ畑の広さ 29.18ヘクタール
年間生産量 70,800本
収穫 手摘み
土壌

各種石英からなる礫質土、下層土は粘土、砂、石灰岩。

歴史と逸話

シャトー・オー・ブリオンに面し、大きな砂利のテラスを共有するラ・ミッション・オー・ブリオンの歴史は、シャトー・オー・ブリオンの歴史と密接に結びついています。

16世紀にレストナック家によって設立されたシャトーは、翌世紀にミッションのラザリスト司祭に遺贈され、彼らはブドウ畑に大規模な工事を施しました。19世紀には、ルイジアナ州と強いつながりを持つキアペラ家が大西洋を越えてその名声に貢献しました。 1983年、ミッションはシャトー・オー・ブリオンのオーナーであるクラレンス・ディロンの所有となり、同じノウハウの恩恵を受けることになりました。

その後、ミッション・オー・ブリオンは、革命時に没収され、国有財産として売却されました。
"神が飲むことを禁じたら、こんなにいいワインができたのだろうか?"マレシャル・ド・リシュリューは、ミッション・オー・ブリオンを評してこう言ったと言われています。

CHATEAU LA MISSION HAUT BRION : シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン

特徴

特性

格付け 第1級グラン・クリュ・クラッセ
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン
アロマ

ブラックベリー、ラズベリー、レッドカラント、ブラックカラント、湿った土、ミネラル、炭、鉄鉱石、トリュフ、バイオレット

フード&ワインペアリング

トリュフのムースリーヌ、ポイヤックの子羊の肉

ワイン醸造

醸造は、温度調節可能なステンレスタンクで行う伝統的なものです。赤ワインの酸味を抑えるためにマロラクティック発酵を行います。

フォーマット 75 CL