90

(ロバート・パーカー)(米)

商品情報に進む
1 1

CARRUADES DE LAFITE, 2004 (カリュアド・ド・ラフィット 2004 )

PAUILLAC

"ラフィットのセカンドワインは最近のヴィンテージでより良くなっているが、これはシャルル・シュヴァリエの管理下でグランヴァンのために行われる選別が厳格になった直接の結果である。"ロバート・パーカー 90/100

特性

ランク付け シャトー・ラフィット・ロートシルトのセカンドワイン、1erグラン・クリュ・クラッセ
品種

カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロー47%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1

味わい ラズベリー、チェリー、タール、花
フード&ワインペアリング

アントルコート、鴨の胸肉

醸造

ワインは区画ごとに醸造され、伝統的なステンレスタンクとオーク樽を使用します。ワインは16〜20ヶ月間熟成され、そのうち80%は新樽で熟成されます。

フォーマット 75 CL

ボトルの写真はイメージです。こちらは弊社倉庫にあるものです。従って、ワインの品質に影響を与えることなく、ラベルのデザインや状態が異なる場合があります。

通常価格 491,00 € (税込).
通常価格 セール価格 491,00 € (税込).
税込み。

Vin En Primeur - 2024年初頭のお届けです。

Vin En Primeur - 2025年初頭のお届けです。

詳細を表示する
ブドウ畑の詳細
アグリカルチャー オーガニック
品種

カベルネ・ソーヴィニヨン50〜70%、メルロ30〜50%、カベルネ・フラン0〜5%、プティ・ヴェルド0〜5%。

畑の面積 116ヘクタール
年間生産量 20,000ケース
収穫 手摘み
土壌

深くて細かい砂利、砂の表土、石灰岩の下層土

歴史と逸話
カリュアド・ド・ラフィットは、シャトー・ラフィット・ロートシルトのセカンドワインです。このシャトーはメドック地区、ポイヤック地区にあり、1855年にプルミエ・クリュ・クラッセに格付けされました。シャトー・ラフィット・ロートシルトの歴史は、13世紀に始まります。17世紀まで、このエステートは共同経営体であり、一部の土地はすでに葡萄の栽培に当てられていました。1670年から1680年にかけて、ジャック・ド・セギュールがブドウ畑を整備し、1868年にジェームズ・ド・ロートシルト男爵がこのシャトーを取得しました。
CARRUADES DE LAFITE

特徴

特性

ランク付け シャトー・ラフィット・ロートシルトのセカンドワイン、1erグラン・クリュ・クラッセ
品種

カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロー47%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1

味わい ラズベリー、チェリー、タール、花
フード&ワインペアリング

アントルコート、鴨の胸肉

醸造

ワインは区画ごとに醸造され、伝統的なステンレスタンクとオーク樽を使用します。ワインは16〜20ヶ月間熟成され、そのうち80%は新樽で熟成されます。

フォーマット 75 CL